こだわり

kodawari

wca01豊穣の海『有明海』の漁港として栄えた備前浜は、浜川河口につくられた町です。
室町時代より形成され、江戸時代には長崎街道の宿場町として栄えました。

その時代より浜千軒といわれ、佐賀での最初のスペインドミニコ会の教会がつくられたのもこの浜宿です。現在もなお土蔵づくりや茅葺き町屋や洋館など伝統的な建物が残ります。

特に八宿区周辺は土蔵づくりの酒造が残り、通称酒蔵通りとして呼ばれています。

wca02
また一方、背後には太良山系の深き山々に囲まれ、湧き出でる潤沢な地下水を利用して、有明海の新鮮な魚を加工した蒲鉾づくりが盛んな町としても知られていました。
この小さな町に昔より十数軒の蒲鉾屋さんが、日々新鮮な魚を加工し、おいしい蒲鉾として、隣の町周辺や博多の町まで、行商に出かけておりました。

wca03今では、蒲鉾屋さんの数も減り2〜3軒となりましたが、おいしい蒲鉾づくりを目指して、日々技を磨いているところです。

有明海周辺でとれる産物を利用し、魚肉と練り合わせおいしい蒲鉾商品として皆様方の食卓へお届けしたいと考えたからです。

また、魚肉は低カロリー、低脂肪かつ高タンパク質の健康食品として見直されておりますのはいうまでもありません。

 

今後、佐賀県産物と魚肉製品のとの組み合わせによる商品の開拓と研究に力を注いでまいり、ほんとうのおいしい蒲鉾を提供できるよう、より一層励んでまいります。

Copyright© 2012 浜蒲鉾株式会社 All Rights Reserved.